Inside CloudSign

13
ノート

クラウドサインNOWがブライダル最大手テイクアンドギヴ・ニーズと組む理由

クラウドサインNOWアライアンス統括の安藤です。
昨日PRTIMESにて下記のようなリリースを出させていただきました。

弁護士監修の国内No.1電子契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコムが、ブライダル最大手のテイクアンドギヴ・ニーズと共催セミナーを開催!

ブライダル最大手 テイクアンドギヴ・ニーズとクラウドサインNOWが戦略的な提携

対面契約型SaaSクラウドサインNOWが

もっとみる

店舗型ビジネスのメトリクスとKPI管理。初回訪問から再訪するRetention Rateの重要性とその施策。 #クラウドサインNOW

店舗向けSaaS「クラウドサイン NOW」に注力してから、飲食業界、フィットネスクラブ業界、美容室業界、ウェディング業界、旅館/ホテル業界などの店舗型ビジネスの経営者に店舗経営についてヒアリングを進めています。

店舗経営を学んでいく中で感じた課題感とその解決策が徐々に見えてきました。以下の4つが現在の課題感と解決策だと認識しています。

それぞれの課題に関しては解決方法も理解できてきましたのでど

もっとみる
(´ー`)ノ⌒θ
18

テックタッチの新しいアプローチ方法とは!?-5/5

こんにちは、クラウドサインカスタマーサクセス リレーションチームの三浦です。

全5回の連載も今回で最終回となりました。

クラウドサインでは、今後のテックタッチの手法を検討するプロジェクトミーティングをしていました。4回目のnoteでは、「顧客が“自ら”の力でサービスを使いこなせるような環境を整える」という目的に対しテックタッチが抱えている課題に対するアプローチとして「elevio」という新ツー

もっとみる

テックタッチの新しいアプローチ方法とは!?-4/5

こんにちは、クラウドサインカスタマーサクセス リレーションチームの三浦です。

全5回のうち4回目まできました。

クラウドサインでは、今後のテックタッチの手法を検討するプロジェクトミーティングをしています。3回目のnoteでは、テックタッチが抱えている課題に対して各メンバーが出し合ったソリューションを発生頻度・ユーザーペインの度合いでビジュアル化し解決すべき課題の優先順位を整理した上で、新ツール

もっとみる

テックタッチの新しいアプローチ方法とは!?-3/5

こんにちは、クラウドサインカスタマーサクセス リレーションチームの三浦です。

全5回のうち3回目のnoteです。
クラウドサインでは、職種の壁を越えてチームで今後のテックタッチの手法を検討するプロジェクトミーティングしており、2回目のnoteでは、プロジェクトの概要・私からプロジェクトメンバーに、「カスタマーサクセスのあるべき姿」や「課題・原因」の共有をしたところまでお話しました。

これまでの

もっとみる

テックタッチの新しいアプローチ方法とは!?-2/5

こんにちは、クラウドサインカスタマーサクセス リレーションチームの三浦です。

全5回のうち2回目のnoteです。

クラウドサインでは、今後のテックタッチの手法を検討するプロジェクトミーティングしており、1回目のnoteでは、プロジェクト発足のきっかけとなった『おもてなし幻想』という本についてお話しました。今回のnoteでは、プロジェクトの目的や概要、私たちが考える「カスタマーサクセスのあるべき

もっとみる

SaaS組織図最新版。2019年SaaS体系化の現在地

SaaSも徐々に体系化されてきました。インサイドセールス(内勤営業)という呼び名が細分化され、SDR、BDR、オンラインセールスというファンクション別にKPI設計がされてきたのはもう浸透し始めました。2019年2月段階で自分が記事を書いたときから考えると、たった半年でここまで体系化が進む業界のラーニングスピードは恐ろしいです。

以前の記事は以下となります。ただ、違和感がありました。これは一部しか

もっとみる
(´ー`)ノ⌒θ
46

テックタッチの新しいアプローチ方法とは!?-1/5

こんにちは、クラウドサインカスタマーサクセス リレーションチームの三浦です。
高橋と一緒にテックタッチ領域を担当しております。

先日、高橋のnoteで今後のリレーションチームの目標について「熱狂的なクラウドサインファンを作る!〜顧客に無駄な努力をさせない編〜」という目標を設定し、ユーザーがお問い合わせをしなくてもサービスを十分に活用できるように改善していくというお話をさせていただきました。

もっとみる

今、SaaS業界に伝えたいこと。FORCAS CEO佐久間さん、スマートキャンプCOO阿部さん、ベルフェイス小林教授が登壇確定!

クラウドサインで新たな施策「クラウドサイン SaaS Academia」を始めることにしました。理由は単純です。今、SaaS業界に伝えたいことがあるからです。いくつかのプロジェクトを同時に進めており、その第1弾が「クラウドサイン SaaS Academia」となります。

講義内容

第一部 クラウドサインのロジックツリー大公開
登壇は私からとなります。

第二部 SaaSの未来を語ろう〜SaaS

もっとみる
(´ー`)ノ⌒θ
19

クラウドサイン SaaS Academia開催のお知らせ

こんにちは。弁護士ドットコム株式会社クラウドサイン事業部カスタマーサクセスチームの降井(ふるい)でございます。

平素よりクラウドサインをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

掲題の件、この度クラウドサインでは【クラウドサイン SaaS Academia】を開催することが決定いたしました。
盛り上がるSaaS業界の中で、ともに学び、ともに成長する機会を創り出したいという思いから、今回

もっとみる
嬉しいです!もっと頑張ります(^o^)
12